読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒柴の徹子

夫婦二人とおっとり黒柴犬徹子。初めての飼う柴犬の飼育日記。

生後131日目 地域最弱犬

今日は徹子デーです。

トリミングサロンに行ってからがっちり散歩することにしました。

 

まず、トリミングサロン。ここは近所の評判の良いサロン。

初めて行ったお店だったけど、スタッフの人が優しい。毛がサラサラになりました。

爪もきれいに切ってもらって満足。

待ち時間、他のワンコとも軽いふれあいができたようです。

遠いけど次もここにしようっと。

 

そこから怒涛の散歩。

f:id:gizumiik:20161006163848j:image

f:id:gizumiik:20161006163855j:image

f:id:gizumiik:20161006163900j:image

休みを挟みながら、歩き続けます。散歩コースを3つくっつけたぐらいの距離を歩きまわってきました。

昨日ほったらかした分ね、ごめんよ。

 

*************

 

帰り道、ほぼ月齢が同じ柴ちゃんに会い、挨拶しようとしたら飛びかかられ...。

徹子はキャインキャインと尻尾を巻いて逃げ回りました。

本来は道で柴相撲させるのは間違ってる。それにしても徹子が怖がりすぎる。

他の犬と会ってもそーっと鼻挨拶し、そーっとお尻の匂いを嗅ぐのが精一杯。

興味はあるんだよね、でもブレイクスルーができない。

 

どうやったら犬に慣れてくれるんだろう。

それでなくとも徹子は人間に向かっても、あまり自己主張しないし、されるがままなところがあるのに。

(人間は手荒なことをしないと信じているので好き)

 

もし徹子が、本当に人としか触れ合わず、他の犬とはライトにしか接したくない子ならそれでもいいのですが、この月齢だとまだ可能性は一杯あるはず。

人間に対してはフレンドリーでみんなに挨拶し、遊びたがる徹子の陽気な部分が犬には発揮できないと決めつけるのはまだしたくない。

それを試さずに私達だけの世界に閉じ込めてしまうのは何だかなーと思ってしまうのです。

 

じっくり落ち着いた環境でワンコたちと触れ合えたらいいなーとは思うものの、パピーパーティーはこの近くではやっておらず…。

タクシーで近隣の町まで行ってみる?

パピーパーティーの情報集めしてみようと思います。