読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒柴の徹子

夫婦二人とおっとり黒柴犬徹子。初めての飼う柴犬の飼育日記。

生後232日目 徹子が気になるもの

生後6か月から9か月のできごと

ちょっとお散歩しやすい気温になりました。
よかったー。

本日もロングコースでお散歩。
と、徹子が動きをピタリと止めた。
これはもしや。

救急車です。

徹子は救急車の音がたぶん好きなのか?異常な執着を見せます。
おどけた顔で散歩してたのに、急に立ち止まり、真面目顔でピーポー音を聞く。
テコでも動かない。
しばらくして遠ざかっていこうとすると、付いて行きたそうにします。


なんでそんなに好きなんだ?何があると思っているのだ?


うちの近所に救急車が止まったらどんな反応になるのか気になります。
もし喜んで尻尾を振って跳ねまわったら気まずい。


それとゴミ屋敷みたいになっている廃屋や、ぐちゃぐちゃにものが詰め込まれて所有者も放置しているガレージに興味津々です。
「入りたい!入りたい!あそこに行きたーい」と激しく引っ張るので、止めるのが大変です。

この子は陰と陽でいえば陰の部分により愛着を感じるタイプでしょうか?


ちなみに飼い主も廃墟や遊郭跡地の写真集を持っているし、ディズニーランドよりドヤ街のほうが好きなので徹子のことを笑えません。