読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒柴の徹子

夫婦二人とおっとり黒柴犬徹子。初めての飼う柴犬の飼育日記。

生後346日目 やっぱり憧れの先輩

本日はもなかちゃんとドッグランで会うことができました。

早く二人で走ればいいのに、なかなか動き出さずに飼い主がウズウズ。


でも結局走るんだけどね。
だってもなかちゃんと走ると楽しいもんね。


すごい躍動感です。
2人で走ると土埃がモワモワーっと上がって、迫力あるな。

久しぶりに思いっきり体を動かせたし大好きなもなかちゃんとも会えてよかった。
何度会っても可愛くて賢くて素晴らしい女の子です。
こんな子滅多にいません。



さて
ブログが書けなかった日のことにさかのぼります。

最近徹子はおばあちゃんに怒られました。

16歳のワンちゃんと初めて近くでふれあいました。
すれ違うことはあるのですが、こうして同じ空間にいるのは初めて。

彼女は毛は白くなってるし、目も見えないお歳なのです。
生まれた時から今まで飼い主さんの愛情をいっぱいに受けた可愛いおばあちゃんです。
鼻はまだまだ大丈夫。

徹子はうれしくて遊んで遊んでとちょっかいをかけに行き、ビシッと一喝されました。

若い子ばかりでなく、いろんな世代のワンちゃんとの触れ合ったほうがいいと思うのでこの出会いは嬉しかったです。
全ての犬が若いわけではない。活動的なわけでもない。
相手の様子はちゃんと見てからいかないとね。
怒られて正解!いい経験したね。

ツイッターで老犬の可愛らしさを教えてくださる飼い主さんたちの投稿を目にしていましたが、このワンちゃんにと出会えたことで年齢を重ねた犬の素敵な佇まいを感じることができました。
できないこともあるけど、そこがまた可愛い。
老犬だから可愛い。
徹子もこういうおばあちゃんを目指します。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村