黒柴の徹子

夫婦二人とおっとり黒柴犬徹子。初めての飼う柴犬の飼育日記。

【初めての犬グッズ】ファーミネーターはやめました。

徹子と暮らし始めてからすぐにファーミネーターを買いました。
必要な毛は残し、死毛だけ取ってくれる優れものだとネットで見たためです。

その時の記事

↑こちらにもやめたこと(2017年夏時点)を追記いたしました。



実際ファーミネーターはよく取れました。

冬毛が生え代わる時期には熱心にファーミネーターをかけていたものです。

ファーミネーターは
「やりすぎは良くない」
「やりすぎると皮膚を痛める」
という注意事項もあったので、承知していたつもりでした。

しかし、春ごろから徹子が白いというご指摘を受けるようになりました。
でも禿げたり毛の密度が減った感じはしないし…。
Twitterで見る他の犬の抜け毛もこのぐらいあるし。

↑白い、白いな。

そういう犬なのか?もしそうだったとしても徹子の色が何であれ可愛い徹子なら全然気にしないもーん。
いや?もしやファーミネーター、やりすぎ?
…まさかね。
などとちょっと悩んではいたのです。



きっかけになったのは、徹子が1歳になる日、ブリーダーさんに徹子を見せてお礼を言いにいった時のことです。

「徹子ちゃん、元気でかわいく育ってますねー。」
と再会を喜んでくれたのですが、
あれ?毛が途中で切れてます。
白いし毛艶がないなあ。
どういうお手入れをしてるの?

とブリーダーさんに言われてドキッ!



ファーミネーターのことを話したところ、これは毛が切れて短くなって白く見えていると教えてもらいました。



ブリーダーさんによると
ファーミネーターは必ずしも悪い道具ではないです。
使い方次第では確かによく取れて便利な道具です。
でも普段のお手入れには必要ありません。
飼い主さんの場合はやりすぎです。
お手入れはコームとスリッカーブラシだけで十分です。」
と教えていただきました。

「確かに夏は毛があることで犬にとっては辛い季節だけど、でも毛が短いと皮膚が直射日光にさらされて皮膚トラブルになりやすいんですよ」
とも。



暖かくなってきて冬毛が暑かろうと思ったのですが完全裏目


ごめん、ごめんよー!徹子。
女の子なのに五厘刈りにしてしまったようなものよね。



そこから2ヶ月。
毛が伸びてきて、黒みが増しました。
わずかに毛艶も出てきました。

まだ白っぽいところもあるけど。


ファーミネーターは上手に使える人にとっては、悪い道具ではありません。
でも私には程度がわかりませんでした。
そして知識が足りなかった。
結果はやりすぎ。
私はファーミネーターを使いこなせないので使用をやめることとします。

ブログを通して、便利だと何度か買いてしまったので、反省を込めて顛末も書き記しました。


はじめてダブルコートの犬を飼う人にとって参考になりますように。
こんな風にやりすぎるバカは私だけかもしれませんが…。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村