黒柴の徹子

夫婦二人とおっとり黒柴犬徹子。初めての飼う柴犬の飼育日記。

生後2年135日目よっ!久しぶり!

徹子が噛みちぎってしまったハリネズミのぬいぐるみの鼻を治してやりました。
本当はもうあちこちちぎれまくってるのを私の下手くそな裁縫で直し使っているハリネズミ君です。
お腹を押すとブーブーッと音がするのでお気に入り。

鼻は古着屋のワゴンセールで100円のTシャツを切って作成。
作業時間15分。
気分はジャムおじさん

さあできたよ!

仲良くおやり。

と投入したのですが…。

長持ちしそうにはありません…。
また取れたら、あまりの生地を使おう。



話は変わりますが、最近の徹子さんの成長。
「徹子、お散歩行こうか」
と声をかけると大急ぎで家のトイレでオシッコを始めます。

なぜかというと、
外でオシッコをしてもおやつはもらえない

そうだ!散歩ででちゃう前に家の中でオシッコをすればいい!

と発見したようです。
そう発想するか。面白いな。

家トイレは大歓迎なので、応援しています。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

生後2年131日目

なんで書けなかったんだろう。
別に理由はないけど、ブログの更新記録がぱたっと止んでしまいました。

多分理由は夏が暑くて辛かったから。
暑さに弱い柴犬は本当に辛い夏でした。
とりわけ黒柴は黒のボディーゆえ直射日光から熱をもらってしまうので、柴犬の中で一番夏が辛い。
徹子とのあれこれは思い出したいけど、今年の夏の厳しさは一生思い出したくないくらい。

それと飼い主夫が突然腰を痛め、夜中に救急搬送されたとか、そういう「あークサクサするー怒」感じがブログの更新を滞らせたと思われます。

しかし、大体のことはツイッターにメモしてあるので、記録の抜けはあんまり深刻じゃないはず。

遡れることは遡りつつ、またちょいちょい書くつもりです。

徹子さんはすこぶる元気!

可愛さが日に日に増しています。


今、人間の年齢でいうと25歳ぐらいかな。
いい時期だなあ。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

生後1年352日目 ロングリードで多摩川へ

またしても多摩川の実家に帰りました。

みどり。
シロツメクサやエンドウなどが生い茂る季節の多摩川は最高です。
私はもともと田舎育ちなので、こういう場所に来るとホッとします。
いっぱい深呼吸して空気を吸い込んできました。


徹子さんはというと、落ちていたプラスチックのゴミが気に入って遊ぶ!メガホンの一部かな?




母と弟のかわいがり攻撃!は相変わらずで、徹子も慣れたものです。

今回は日帰りだったのですが、弟は「ねーちゃんは帰ったらいいけど、徹子だけ泊めたらいいじゃないか」と言っていました。

気持ちはありがとう、弟よ。

でもエサがないから今回は無理かな。今度ね。

飼い主は徹子を母と弟に託したら安心して、ついた早々ちょっと昼寝してしまいました…。

多摩川は本当にいいねぇ。
今度は弁当を持って行って、ピクニックしてもいいなあ。

★今回気がついたこと★
ロングリードを使うときは軍手をしておくと安全です。なんとなく買った100均(2双入ってた)軍手がとてもいい仕事をしてくれました。
手のひら側にゴムがあると滑りにくく、しっかり掴めるし、徹子がダッシュするとき摩擦熱で怪我をしません。
ロングリードの摩擦熱での怪我は意外に侮れません。
我が家は多摩川以外でロングリードを使うことはほぼないのですが、次行くときも持っていこうと思います。

#多摩川 #柴犬 #黒柴 #徹子
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

生後1年330日目 こんなはずじゃなかった・・・

雨降りはつまらんですね。
犬にとっても飼い主にとっても雨は歓迎できない天気です。

ふらーっと散歩に出られないから。
うちは散歩の時間をあえて決めておりません。
完全に柴犬の育児書の受け売りなんですけど、「決まった時間に散歩」という習慣ができると、その習慣を守れなかったとき犬のストレスになる。
という説を一応信じて、まちまちな時間に出かけます。

でも、今はそんなことはどうでもいい。
雨脚が弱まったらすぐに出かけて、しっかり散歩する事だけに命をかけています。

それ以外は家遊び。

最初はボールで取ってこい!をするのですが、それも繰り返すとお互いに飽きます。

そして結局は、私が鬼(?)になって徹子をひたすら追っかけるという一方的な鬼ごっこになります。
「わるいごはいねがー」と言いながら、超喜ぶ徹子を追いかける。

追いかけられる徹子は大興奮!という図を家の中でやって鬱憤を晴らしています。
だいたい15分ぐらいやると休戦になる。

でも15分もやっていると人間の大人は
「あれ?なんでこんなことしてるんだっけ?」
という疑問が湧いてこないこともありません。

子供とか好きじゃなかったのにな。
20歳になって、大人の仲間入りしたときは、「もうこれでガキっぽいことをしなくてすむ!クールに生きる!」と思ったのにな。
なぜかなまはげになって徹子を追いかけて喜ばせている自分にびっくりです。

生後1年338日 思い出すこと

最近思い出すシーンがあります。
初めて徹子と会った日のこと。

私は黒柴の女の子を探していて、ブリーダーさんで生後2日の徹子と会いました。
実は徹子には白柴の男の子と黒柴の女の子のきょうだいがいるんです。

私は黒柴の女の子2匹のうちどちらでも選ぶことができました。
たった2日の犬生ですがもうすでに差は歴然としてて。
比較すると徹子は鈍臭そうというか、いやそうではないな。もう1匹の子がとても秀でた犬だったんです。
いかにも賢そうで強そうでした。
その子はきっと打てば響くタイプ。きっちり訓練を入れたらすごくいい犬になるんじゃないかなと思うようなオーラがありました。


でもなぜか心は徹子に惹かれていました。
もう1匹の子は私には強すぎると思いました。
素晴らしすぎ、立派すぎ、しっくりきませんでした。
どちらかというと徹子がいたら楽しそうという未来の方が自然に想像できたんです。


「一旦考えます」と言ってブリーダーさんのお店を後にし、50m歩いて引き返しました。
「やっぱり決めます、この子にします」と徹子をうちに迎える決意を伝えました。
これも第6感。
今約束せずに、もし他のお家が徹子を引き取ったら、後悔しそうな気がしたのです。

そうして徹子はうちの子になりました。
あの時、もう1匹の子を迎えていたら、賢くて強くてしっかりしてて、それはそれでよかったんだと思います。
そのくらい素敵な子だったから。

でもやっぱり徹子を選んでよかったなと思うのです。
全体的な性格のバランスや容姿も含め、徹子の方がうちに合ってたなと。

この選択を後悔したことは一度もなくて、あの時第6感に従った自分は正しかったと思っています。

あのもう1匹の立派な子が来ていたら、あの子を我が家で暮らさせたらもったいないし、私たちには荷が重かったのではと。

2日目で決めた我が家ですが、もう1匹の子の方が強いという予感は当たってて、その後も見に行くと、徹子はお母さんのおっぱいの一番出るところをうまく占領できず、普通体型。
もう一匹の子は要領よくよいおっばいにありついてピチピチのまん丸に育ってました(笑)

もちろんブリーダーさんが見て補助してくださっているので、徹子も正常な成長をしてはいたので問題なかったんですが。
「徹子は鈍臭いねー」と笑ったことを覚えています。



そして現在、徹子がふんわりしたムードを出し、ポヘポへしながら我が家で暮らしているのを見ると、徹子を選んだ自分を褒めてあげたい気持ちになります。

よくぞ徹子を選んだなって。

犬は厳密に言えば優劣はあります。
ショーに出すとしたらこの子の方が向いているという物差しで測ることは可能です。
耳はどのような立ち方か、しっぽの巻は強いか、足は太いか、全体的なオーラはどうか?という点でどうしても優劣はついてしまいます。
同じ犬種なのにペットショップで値段が違うのはそういう理由だと思われます。

でも、ショーに出す気は無い家庭犬なら?
その子の器に合った家に行くのが一番いいと思います。

犬を飼うお家のカラーに合った子はどんな子か?って絶対あると思います。
自分も運動が好きでビシバシ訓練をしたいなら、それに応えてくれる子がいいし、うちのようにまったり楽しくやろうという家ならおっとりした子がいい。

もし、これから犬を迎えることを考えている方がいたら、高い子がいい子という考えは一旦置いておいて、「自分の家に合う子はどの子か?」という観点で見てあげて欲しいですね。
お店の方や保護団体の預かりさんともこの子はどんな子か?という話ができれば参考にすればいいと思います。
むしろ、その個性を把握していないような場所では買っちゃダメ。
徹子のブリーダーさんは、子犬をよーく見て、この子はこういう子って色々教えてくださいましたし、今も気にかけてくださってます。

そして最終的に決定づけるのは結局は人間の第6感なんですけどね。

不思議なご縁に感謝したい気持ちです。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

生後1年332日目 結構楽しんでる毎日

母が来て、徹子をめちゃめちゃに可愛がって行きました。
母の来訪は台風みたいなもので、徹子にとってはプチ祭り状態。
「お母さんキタ!お母さん♡」とハイテンションでお尻をフリフリしながら散歩します。

嬉しい気持ちを素直に表すって大事だなあと思います。周りも明るくなるもの。

ニンゲンのオトナは嬉しい時浮かれポンチになるのが下手ですね。バカに見えるんじゃないかとか、TPOをわきまえなくてはとか、予断が多くなって素直に態度に出せない。
こういうところは犬を見習いたいと思う点です。

犬が入れるカフェで母に抱かれてご満悦、徹子さん。

私たちが食べているケーキが気になってアピールする徹子さん。

そして昨日はシャンプーしにトリミングサロンへ!
ここも徹子にとっては大好きなスタッフさんがたくさんいる場所です。

嬉しすぎてスタッフみんなにキスをしてニマニマ笑い続けておりました。
笑いすぎて顔がちょっと怖いけどな。

そしてたまたま一緒になった仲良しお姉様のゆきちゃんともツーショットを撮ってもらい、飼い主が喜んでいます。

サロンでも言われたのですが最近徹子は女性らしい体つきになって来ました。
太ってないけど曲線な体とでもいうのでしょうか。
ピチピチな女子です。

そして毛艶が良くなりました。
特にシャンプー後はツヤツヤになって、手触りがいいのでつい触ってしまう。

このまま若さを思いっきり楽しんでいただきたいと思います。
若いって眩しいなあ!
徹子を見ていると思わず目を細めてしまう飼い主でした。

洋服のフードを被せられブーイングな徹子。でもキュートだよ。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

生後1年321日目 今が女盛りね

今の徹子は絶好調

現状の徹子は太り過ぎでもなくやせすぎでもなく、非常に調子が良いです。
今のところアレルギーや甲状腺系の病気もありません。

意欲に満ち満ちていて、毎日散歩のたびに刺激をもらって楽しそうです。
まさにこの世の春でございます。

被毛は光沢があり艶めいて、撫でるととっても気持ちがいいです。
幼さと大人のちょうど間くらいの表情を垣間見せることがあります。

人間年齢でいうと20歳ぐらいだからね。
まぶしい!

何気無く撮った写真でさえ美しく撮れる年頃の娘さんの良さがあるんです。

でも心沈むこともある

でも今、何もかもがみなぎっているからこそ、いつか年をとった時のことをたまに考えてしまいます。

私がばあさんになるのはいいんです。
人間の老いはどうでもいいくせに犬の老いを怖がる飼い主バカ。

つける薬がありません。



徹子が弱ったら徹子に何をしてあげられるだろうか?という疑問がたまに頭をぐるぐるする。

やっぱり私は今のところ徹子のクローンは欲しくなくて、さよならがきたら何とか踏ん張ってさよならを言うつもりでいます。
徘徊したら一緒に起きて眺めたいし、食べられないものがあれば細かく砕いてやりたいです。
いつかは老いを受け入れながら共にいる日々に変わるんだろうな。

これから私たちどうする

でも徹子の1番の願いはたぶん「飼い主と一緒にいること」でしょうけど、もちろんそれは当たり前に一緒にいると思う。
それにプラスアルファできないかなーと考えることが多いです。

徹子が私にくれたものの分、を返すことを考えたら
それは多分無理。
多すぎて全部を返すことはできないと思いますが、彼女に幸せな記憶を少しでもたくさん冥土の土産にもたせられたらいいね。


こんないい加減な飼い主の元に来てもニコニコして、まっすぐ愛してくれる徹子に。
恩返しというと大げさだけど少しは何かしらのお返しができたらね。


とにかく今やることを考えています。

それと、恥ずかしいですけど「徹子大好きよ。」と繰り返し言いまくってます。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村